賃貸オフィスで無理のない会社運営を

会社を立ち上げて、業績もどんどん伸び始めてくると設立時に用意した賃貸オフィスなどが手狭に感じるようになります。そこで迷うのが、自社ビルを建てるのか別の大きな賃貸オフィスに移転するのかという事です。

しかし、いずれにせよ大きなお金が動くことなので簡単に決めることはできません。そこでそれぞれのメリットデメリットを探っていきたいと思います。

まず自社ビルを建てるという方法ですが、毎月の家賃が必要なくなったりなどトータルで見ると賃貸よりも安く済む可能性があります。自前のビルですから賃料の交渉などがなく経費が安定するのもメリットです。その一方で、初期費用が膨大な金額になりますので、借金をして資金を用意するケースも多いです。

賃貸オフィスの場合は、初期投資が少なくて済むことや今後の移転についても簡単に行うことが出来ますね。その一方で、契約上の問題で使用に制限が付く場合もありますし、賃料をずっと支払わなくてはいけません。

自社オフィスというのは、会社を経営している人ならだれもが夢見るものだと思いますが、会社の規模に合わないものを無理に建築して、倒産してしまうケースもちらほら出ているのも事実です。また、借金をして建ててしまうと賃料を払うのとまったく変わりがありませんので、確固たる地位を築くまでは賃貸オフィスで運営をするのが賢明でしょう。